NEWS一覧

映画『スターリンの葬送狂騒曲』

言うまでもなく、旧ソ連という国は形容するのも困難なような、ほとんどコメディのような国であったと言えるでしょう。笑うべき事象の中で人々が抑圧され、次々と粛清されていくのですからたまったものではありません。

しかし私は、このような無茶苦茶な国であったが故にロシア・ピアニズムが発展、あるいは動態保存されたのだと固く信じています。それは結果として私たちロシア・ピアニズム愛好家にとって嬉しいことであったには違いありませんが、その真実はお粗末な社会体制の網から漏れ出た「偏差」に過ぎなかったのではないか、との疑念も拭いきれません。数世紀先の歴史学者がソ連とロシア・ピアニズムをどのようにして総括するのか…今は想像すらつきません。

そんなロシア/ソ連偏愛家にとって、見逃せない映画が登場します。その名もズバリ『スターリンの葬送狂騒曲』。内容はこの表題にほとんど語り尽くされているのではないか、と思えるほどの秀逸なタイトルです。

昨今は、エイゼンシュタインやタルコフスキー、ノルシテインなどのソ連映画とはまた違った、いわば現代ロシア映画とでも言えるもの(その多くがB級映画ですが)が数多く紹介され、また『チャイルド44』のようにロシアを舞台とした映画も増えており、ちょっとしたロシア映画ムーブメントのようになっています。そのような中あえてこの映画を紹介するのにはちょっとした訳があります。

ロシア・ピアニズム愛好家であれば、マリア・ベニヤーノヴナ・ユーディナの名はご存知かと思いますが、中でもユーディナとスターリンとの関係は虚実入り交じる伝説として語られています。この映画にはそのユーディナが登場し(演じるはなんとオルガ・キュリレンコ)、しかも例のスターリンとの関係も含め、相当なキーパーソンを演じているようなのです。

コメディのような国をコメディとしてどのように描くのか、ユーディナは果たしてどのような役回りを演ずるのか。ロシア・ピアニズム好きを称するからには、この映画は是非にも観なければならないのです。

監督:アーマンド・イアヌッチ
出演:スティーヴ・ブシェミ、サイモン・ラッセル・ビール、マイケル・ペイリン、アンドレア・ライズブロー、オルガ・キュリレンコ 他
2018年8月3日より全国ロードショー
映画『スターリンの葬送狂騒曲』公式サイト

『Discopaedia of the Russia Pianism』

振り返ってみますとよくよく長いこと「ロシアピアニズム」にのめり込んできたわけですが(そしてこれから先ものめり込み続けることになるのだろうと思いますが)、この辺りで資料を再度まとめておくのも悪くないのではないかと思い立ち、この度『Discopaedia of the Russia Pianism』として出版する運びとなりました。

出版といいましてもAmazonのオンデマンド出版となりますので、ご不便かとは思いますが購入できるのはAmazonのみとなります(店頭に若干数置いております)。

内容は、youngtreepress版『ロシアピアニズム』巻末のディスコグラフィを再編集、大幅増強したものと考えていただいてよいと思います。国外への展開に色気を出して、解説文等は全て英文として、巻末にロシア語、日本語カナを含めた人名索引を付ける形としました。この索引は、分かる範囲ではありますが、生没年、国籍、父称(ロシア語のみ)などを含んだ詳細なものとなっております(とあえてここで書くのは、これに随分と苦労したことへのいかばかりかの反動です)。

情報化社会の破滅的な発展を考えますと、このような書籍が役に立つのもあと少しばかりではないかと思いますが、何某かお役に立てていただければ幸いです。 ご購入は、こちらのページより可能です。


「ロシアピアノ小品の玉手箱」アレクサンドル・マルクス

再び急な告知となってしまい申し訳ありませんが、シチェドリンのスペシャリスト、アレクサンドル・マルクスがMSC主催にてサロン・コンサートを行います。

「ロシアピアノ小品の玉手箱」アレクサンドル・マルクス

日時:2018年5月13日 (日) 開場:16時30分  開演:17時00分
会場:MUSICASA(ムジカーザ・代々木上原駅より徒歩2分)
東京都渋谷区西原3-33-1

今回は、オール・シチェドリンというような過激なプログラムではなく、ロシアの小品をグリンカからシチェドリンまで辿ろうという、サロン・コンサートには勿体ないほどの企画です(かつてマリア・ユーディナがモスクワ音楽院小ホールで行ったような企画に近いのかもしれません)。
コンサートの詳細については、MCSウェブページにてご確認下さい。

随分と少なくなってしまった、いわゆる我々がロシア・ピアニズムと呼んでいるピアニストの一人ですので、どのような演奏を披露するのか今から楽しみです。


Catalog更新

数は少ないですが、ゴールデンウィーク進行で早めにCatalogを更新いたしました。



Catalog更新

例によって数が少なめですが、Catalogを更新いたしました。


映画『さすらいのレコード・コレクター』

ジャンル違いではありますが、同じコレクターとしては見逃せない映画が上映されます。

さすらいのレコード・コレクター

東京では、4月21日(土)より、新宿K’s cinemaにて上映されます。

特別鑑賞券¥1,000絶賛発売中(当日:一般¥1,500、学生¥1,200のところ。ご購入の方に”レコード型”コースタープレゼント!!)。上映予定も含めた詳細については、公式ウェブページにてご確認下さい。

アメリカン・ルーツミュージックは、プレス枚数100枚以下が当り前というような物騒な業界ですので、クラシック以上にクレイジーな世界が展開されるのではないかと期待しています。


Catalog更新

寒い日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか。遅ればせながら、Catalogを更新いたしました。


Catalog更新

未だ用意したレコードの1/3ほどの入力が間に合っていませんが、余り遅れるのも考えものですので、ひとまずCatalogを更新いたしました。年内にもう1度更新できればと考えております。
また、Specialityに署名入り写真等を追加しました。今後も、少しづつ追加予定です。


チェコの映画祭三題

今年も押し迫ってまいりましたが、なんとチェコ関連の映画祭が目白押しです。

一つめは、すでに始まっております、「チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ」です。11月11日~12月1日まで、渋谷のシアター・イメージフォーラムにて開催中です。『ひなぎく』やゼマンの作品はぜひとも見たいところです

続いては、近代美術館の京橋フィルムセンターで開催される「チェコ映画の全貌」です。こちらはさすがに多士済々で、無声映画時代から時代を追っての上映で、本数も相当数になります。ニェメツやメンツルの作品もありますが、「永久上映禁止」になったという『火事だよ!カワイ子ちゃん』は見なければならない気がします。期間は、11月28日~12月24日です。

最後は、『レモネード・ジョー』の「ブルデチュカ映画祭」です。ブルデチュカはゼマンやトルンカ作品の脚本も数多く手掛けており、今回も代表作といえる『レモネード・ジョー 』のほか、トルンカの『皇帝の鶯』とゼマンの『ほら男爵の冒険』が上映されます。ユジク阿佐ヶ谷にて12月2日~12月15日まで開催です。

本家フランスを超えるナンセンスなヌーヴェルヴァーグ作品から、抒情詩の極みといえるトルンカ作品、それらのルーツともなる無声からトーキー初期までの映画など、これ以上ないほどチェコ映画を楽しめる一月となりそうです。