NEWS一覧

すぎはらゆりアイテム追加しました+ニュース

 すぎはらゆりさんのてぬぐい、ポストカード、トートバッグを新たに追加いたしました。

ポストカードは、クリスマス、年賀状などの季節ものなど、新作、旧作取り混ぜまして、こちらで紹介していなかったものを追加いたしました。下記9点となります。

HAPPYどろぼうねこ」「トニャカイにのって」「とびばこ」「doroboneko band」「irish nekocat」「あまのじゃく」「猫手投げ」「Hanafuda NEKORYOSHIKA

長らく欠品が続き、垂涎のコレクターズアイテムだった(識者談)「音楽ねこ」オリジナルデザイン手ぬぐい手描きトートバッグ1点も追加しております。

他に、ブローチを多数お預かりしているのですが、写真撮影などに時間がかかっております。年内にはご紹介できるかと思います。

ここで朗報です。

すぎはらゆりさんの多忙やモチベーション低下などで頓挫していた2019年のカレンダーですが、説得に説得を重ね(識者談)、制作できることになりそうです。ご紹介できるのは年明けとなってしまいますが、お待ちいただければと思います。予価2160円30部ほどの限定になると思います。

よろしくお願いいたします。


好事家向け 2019年カレンダー 2種 入荷しました

今年は、なんと2点も好事家、あるいは偏向レコード・コレクター向けのカレンダーが入荷いたしました。

1点目は、オペラ・プロデューサーとして知られる、フランコ酒井氏謹製の「バリトン歌手レコード・カレンダー」。

もう1点は、某コレクター氏による「アルベール・ルーセル生誕150年記念カレンダー」です。

詳細については、下記ページをご覧ください。

フランコ酒井謹製 2019年 バリトン歌手レコード・カレンダー

アルベール・ルーセル生誕150年記念 2019年カレンダー

いずれのカレンダーも、およそ他に類を見ない、つまり唯一無二の企画ではないかと思われます。レコード・コレクター諸氏におすすめする次第です。


Catalog更新

師走でもないのにあれやこれやと忙殺され、大幅に遅れた割には少ない追加となってしまいましたが、Catalogを更新いたしました。

写真:ハーレムのグローテ・ケルク(Grote Kerk)、または聖バーフォ教会の大オルガン。ハーレム旧市街の中心に建つ、文字通り「大きな教会」。このオルガンによるコンサートが屡々行われている他、レコード録音もいくつか残されています。

すぎはらゆりアイテム追加しました(ネコリョーシカ、手紙箱、2019年年賀状)

本業のレコード業をさぼっている間に、すぎはらゆりさんが新たな品物を持ってきてくれました。

ネコリョーシカ手紙箱は当店初登場です。照明が写り込んでしまい写真が上手く撮れていませんが、想像力で補っていただければ幸いです。

ポストカードに2019年年賀状が加わりました。直球勝負の図柄です。


Catalog更新

例によって遅くなりましたが、Catalogを更新いたしました。

牛歩のごとく、Catalog画像も少しづつ復旧しております。

写真:パリ・ギュスターヴ・モロー美術館(Musée Gustave Moreau)。モロー終の棲家、トリニテ教会近くのアール・ヌーヴォーの香り漂う4階建ての瀟洒なアパルトマンを、往時の雰囲気を残したまま美術館としました。壁一面に配された特大カンバスの絵の数々に圧倒されます。

【コンサートご案内】アレクセイ・リュビモフ ~エラールを弾く~

ナセトキンやゴルノスターエワ亡き今、本当に最後のネイガウスの弟子と言ってよいアクレセイ・リュビモフが再びコンサートを開きます。

アレクセイ・リュビモフ ~エラールを弾く~

日時:2018年11月2日 (金) 開演:19時00分  開場:18時30分
会場:サントリーホール ブルーローズ(小ホール)
東京都港区赤坂1-13-1  03-3505-1001

今回は恒例となっているサロン形式でのコンサートではなく、サントリーホールのブルーローズ(小ホール)で、サントリーホール所蔵の1867年製エラールを弾くという素晴らしい企画となっています。

個人的には大ネイガウスの弟子でもありますから、程よく年を経て念入りに調律された現代ピアノでの演奏を聴いてみたい思いはあるのですが、リュビモフの古楽器への愛情と、そのエラールの来歴を考えますと、またとはない機会であることは間違いないでしょう。

コンサートの詳細、お申込み等については、MCSウェブページにてご確認下さい。


クレジットカード決済が利用可能になりました

これまでPaypalを利用してのクレジットカード決済が可能でしたが、会員登録が必要でした。このたび、会員登録等の必要がないクレジットカード決済が可能となりました。

VISA、Master Card、JCB、American Express、Diners Card、Discoverに対応しているため、ほぼ全てのクレジットカードが使用可能です。

カード情報は決済サービス会社で直接処理され、当店には通知、保管されませんので、安全性も高く安心してご利用いただけます。

Paypalでの決済も引き続き可能となっておりますので、ご利用しやすい方をお選びいただければ幸いです。

取り急ぎのお知らせとなりますが、よろしくお願いいたします。


ディック・ブルーナ・デザイン文庫本「Zwarte Beertjes」シリーズ入荷

数は多くありませんが、オランダの文庫本「Zwarte Beertjes」シリーズが入荷しました。

「Zwarte Beertjes」文庫本は、「ミッフィーちゃん」で知られるディック・ブルーナが、家業であった出版社のデザインを手がけたもので、1950年代後半から70年代の間に1000を優に超える装丁が送り出されました。

内容は推理もの、アクションものが多く、またオランダ語でもあるため、普通であれば読むこともままならないものですが、そのデザインや何気ないサイズ、なんとも表現に困るような存在感故に手元に置いておきたくなる書籍たちです。

ほぼ書籍のコンディションに準じた価格としておりますので、掘り出しものがあるかもしれません。

こちらの検索ショートカットで、全て見ることができます。


Catalog更新

余り多くありませんが、Catalogを更新いたしました。Webページ改装後初めての更新ですが、どうやらつつがなく出来たようです。

Webページも少しづつ手を入れていますが、余りこちらに時間を費やすのも考えものです。Catalogの画像も少しづつ追加(復旧)中です。

写真:カザルスの音楽祭で有名なプラドのサン・ピエール教会。プラドは、カザルスのレコードなどで「南仏の寒村」と表現されていましたが、寒村は言い過ぎとしても本当に小さな町です。とはいえ、カザルスに縁の場所などが点在しています。

Catalog更新とWebpageリニューアル

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが(気づかれないように密かに進行していたのですが)、CLASSICUSのWebpageをリニューアルしました。

効果などを考えれば、今までのページで必要にして十分だったとは思うのですが、どうやらこれからのトレンドは、「モバイルフレンドリー」つまり携帯端末でも見やすく、「セキュリティ」つまり通常のWeb閲覧でもセキュリティ接続(SSL)推奨、ということらしく、裏を返せば「モバイルフレンドリーではなく、セキュリティに対応していないサイトは、検索結果で不利益を招きますよ」という天(Google)のお達しなのです。

とはいえ、旧CLASSICUSサイトは、本当に一からhtmlでコツコツと作り上げたサイトのため、今から手作業でモバイルフレンドリーサイトへ改装することは、考えただけでもゾッとします(実際は言うほど大規模なサイトでもないのですが)。SSL導入に至っては素人ではほとんど不可能、どこかのサービスに頼るより他ありません。

結果、今をときめくblogベースシステムであるWordpressを使ってこれらを一挙に解決することを目論みました。Wordpressは無数に公開されているテーマを選ぶことによって、好みのデザイン、機能が実現でき(もちろんモバイルフレンドリー対応のものも多くあります)、これまた無数のプラグインによって様々な付随機能(SSLであったり)を加えることができるのです。旧サイトでも隠しブログやSpecialityカタログなどでWordpressをしれっと利用してはいたのですが、今回、これらも含めて全て一つのWordpressシステムに統合するような形としました。

懸案はレコードリストでした。今までのレコードリストは、データベースに入力したものをhtmlとして出力するプログラムで作成してきました。Wordpressはblog投稿がベースとなるため、レコード1点で1投稿、一つのジャンルを1投稿にまとめる、レコードリストをWordpresの外に置く、などの選択肢が考えられましたが、どの方法も帯に短し襷に長しで上手くありません。

そこでいっそのこと、Wordpress上で動くショッピングカートシステムはどうだろう、と実験を重ねた結果がこのサイトというわけです。まださまざま調整中で、新着リストなどが上手く出力できなかったりしてご迷惑をおかけしていると思います。

プラス要素の副産物としては、Unicodeに対応したため、従前のリストでは「Discophiles Francais」や「Pathe」と表示していたものが「Discophiles Français」「Pathé」と表示できるようになりました(実に小さな拘りですが)。これまでも表示だけであれば可能だったのですが、検索プログラムでUnicodeに対応したものがほとんど無かったため断念していたのです。Wordpressの賢い検索機能によって、検索は「Pathe」と入力しても大丈夫なところがまた素晴らしい。

もう一つのプラスとして、カートからのカード決済が可能となりました。いちいち問い合わせのメールを出して、銀行振り込みをして、というような面倒がありませんので、メールやら電話やらでの煩雑なやり取りが億劫な方にもご利用いただければ幸いです。

さて長文となってしまいましたが、少しづつ入力していた分を新着として掲載しました。1、2ヶ月もすれば色々なことに慣れ、今まで通りの更新ができるようになると目論んでおりますが、果たしてどうなることやら…。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

写真はサッカーロシアワールドカップと映画『スターリンの葬送狂想曲』にあやかって?、サンクト・ペテルブルク音楽院のソフロニツキー資料コーナー。