CONTENTS一覧

【本の街】No. 3 ジャケットの効用?(II)

カッサンドル(A. M. Cassandre) は「ノルマンディー号」や「北方急行」などの、アール・デコ期を風靡したポスターの作者として知られていますが、1950年代中頃から60年頃にかけて、かつてポスターのデザインを手掛けたこともある、フランスのPathé-Marconi 社(Columbia およびLa Voix de Son Maitreレーベル)のジャケットデザインを手掛けていたことはあまり知られていません。

そのデザインは「初期LPデザインの常套手段だったイラストによるイメージやポートレート写真に頼ることなく、ひたすら文字のみによって音楽(あるいは演奏家)の個性を喚起させようとする果敢な精神がここにはある。」(『デザインの現場 増刊──12インチのギャラリー』より)という言葉に集約されていると言えましょう。

単純明解な文字構成を特徴として、タイポグラフィやカリグラフィよって提示されるデザインは、視覚的な効果を誇るだけではなく──いみじくもカッサンドル自身が語ったように──「詩的」なエモーションを想い起こさずにはおきません。

巷間カッサンドル・ジャケットと呼ばれる、カッサンドルの手になるデザインはゆうに100点を超え、なかにはジャケットだけを各国向けにデザインするといったような凝ったことまで行われていたようです。

これらの中から代表的なデザインを挙げれば枚挙に暇がありませんが、自らデザインしたペーニョ体を効果的に用いたジェラール・スゼーのラヴェル歌曲集(FALP 549)や、タイプフェイスの妙味を堪能できるオネゲルの《世界の叫び》(FCX 649)、演奏内容と相俟って高貴さを具象化したかのようなジョルジュ・エネスコによるベートーヴェンのクロイツェル・ソナタ(FC 1058)などが印象に残っています。

また、エクサン・プロヴァンス音楽祭におけるモーツァルトの《ドン・ジョヴァンニ》の舞台装置(カッサンドルがデザイン)を思わせる、マルケヴィッチによるバッハの《音楽の捧げもの》(FCX 567)は、数少ない非タイポグラフィ的なデザインとして忘れ得ぬものの一つです。

〔本の街 2003年1月 掲載,ジャケットギャラリーより図版引用〕

【本の街】No. 2 ジャケットの効用? (I)

 初回はレコードコレクターについてあれこれと言を弄しましたが、では一体レコードはなぜこれほどまでに多くのコレクターを惹きつけるのでしょうか。実際この疑問を解明するのは、簡単なようで存外難しいと感じています。

 「妙なる音さえ鳴るのであれば、中身の保護が目的のジャケットのデザインなどどうでもよい」とおっしゃる本格派?コレクターがいらっしゃるのは百も承知ですが、そこを敢えてレコードジャケットの魅力から考え始めてみたいと思います。

 確かにジャケット本来の目的はレコードの保護にあったのでしょう。SP時代の無味乾燥な紙袋、LP黎明期の共通ジャケット、初期ドイツグラモフォンなどに見られるタイトルとライナーノートだけの無愛想なものなど、いずれもこの役目だけは立派に果たしています。

 しかし時は20世紀後半、デザインというものが消費促進に大いに活用されたのは、レコードとて例外ではありませんでした。レコードジャケットもパッケージデザインの一分野として活況を呈するようになったのです。

 しかし、クラシック音楽愛好家の生真面目さに所以するのか、あるいは大手レコード会社の怠慢であるのか、「クラシックレコードのジャケットには、演奏家のポートレート、風景写真、名画の3つのパターンしかない」などと揶揄されているのも事実です。しかも、この傾向がCD全盛の今日にいたるまで、伝統として脈々と引き継がれているの、いささか嘆かわしいことです。

 とはいえ、無限とも思える夥しい数のLPレコードの中には、ジャケットだけでも手元に置きたくなるような秀逸なデザインのものが少なからずあるのも、また事実です。

 アメリカのベン・シャーンやアンディ・ウォーホル、ソウル・スタインバーグのように、一枚の絵画作品としても十分に見応えのあるものもあれば、イラストとタイポグラフィを駆使してデザイン的に優れたものなども挙げることができます。しかし、私自身はどちらかと言うと、ヨーロッパ、それもアール・ヌーヴォーからアール・デコを消化してきたフランスのデザインにより心惹かれるものがあります。

 そのフランスのジャケットデザインを語る上で避けて通ることのできないのがアトリエ・カッサンドル(後アトリエ・ジュベール)とジャン・コクトーではないでしょうか。

〔本の街 2002年11月 掲載〕

【本の街】No. 1 レコードコレクターあれこれ

蒐集家──コレクターと呼ばれる人たちがいつのころから存在したかは定かではありませんが、この世に「モノ」が存在する限り、コレクターがいなくなるということはないでしょう。

クラシックレコードの世界もご多分にもれず多くのコレクターが存在し、殊にCDの普及とともに、レコード界隈にはより一層ひたむき(マニアック)なコレクターが残ることになりました。また、ここ10年ほどは世界的にCDの普及が進んだこともあになってきています。

クラシックのレコードコレクターと一口に言いましても、蒐集の動機は十人十色。「CDよりも音が良い」「レコードでしか入手できない」などといった形而下的なものから、「どこがという訳ではないけれども、CDはどうも蒐集の対象として芸術性に欠ける」といった何やら深遠なものまで様々です。

動機が十人十色なのですから、蒐集の対象もまた十人十色であろうはずですが、不思議なことに蒐集の対象となるレコードは意外にも偏っているように感じられます。

このような傾向はレコードの分野に限ったことではないのでしょうが、特にレコードコレクターは希少なものを求める傾向があります。無いものねだり、とはよく言ったものですが、希少であればあるほど、そして、同好の士が知らないようなレコードであればあるほど、そのレコードに対する蒐集欲、所有欲は一層高まるようです。

逆説めいてきますが、あるコレクターにとって「これが一番良い演奏だ」と思っていても、そのレコードが誰にでも手にできるほどあちらこちらで売られているとなると、なぜかそのレコードを買おうとする手が止まってしまい、挙句には「やはりこれはとびきりの名演奏ではないのではないか」と冗談のような話になってしまいます。

趣味が高じて、ひょんな事からレコード店を始めることになってしまったとはいえ、今だにコレクターを標榜する私にとって、このような話は身につまされるものがあります。

とはいえ所詮、蒐集──コレクションの動機の根源は自己満足。誰が何と言おうと唯我独尊、自分の好きな演奏を求めてゆくコレクターがもっと増えることによって、この世界もより一層面白くなるのではないかと思う今日この頃です。

〔本の街 2002年10月 掲載〕