マルティン・スパンヤールト(Martin Spanjaard, 1892-1942)は、オランダ出身の作曲家、指揮者。ベルリンで学んだのち、オランダで作曲、指揮活動を行う傍らコンセルトヘボウ管やベルリン・フィルなどへ客演。現代曲、フランス音楽やブルックナーなどを積極的に取り上げるなど指揮者として活躍しますが、1942年、妻とともにアウシュヴィッツで虐殺されました。

84×133mm 厚紙に黒インクによる署名。67×96mm新聞切り抜き写真貼り付け。「11/10 “30」の日付。

¥ 30,000