アレクサンドル・ヴェルジュビロヴィチマリア・ドリーナの古い写真です。

ヴェルジュビロヴィチは前掲の通りロシア帝室管弦楽団の大チェリスト。ドリーナ(1868-1919)は、帝室マリインスキー劇場でも傑出したコントラルト=メゾソプラノ。《皇帝に捧げた命》でデビューを飾り、このヴァーニャが当たり役となります。《イーゴリ公》コンチャーコヴナを創唱した他、《エフゲニー・オネーギン》《雪娘》《ルサルカ》などを得意としました。1904年にオペラを引退し、歌曲コンサートを中心に活躍しますが、この写真はその時期のものではないでしょうか。

88×138mm 厚紙プリント。100年以上前のプリントとは思えないほど良い状態を保っています。

¥ 40,000