Category Archive: ロシア

【ビンテージ・フォト】イザイ、フーベルマン、ハイフェッツ

3人のヴィルトゥオーソ・ヴァイオリニスト。

ウジェーヌ・イザイ(1858-1931)はベルギー出身の伝説的ヴァイオリニスト。カザルスをして「イザイほど正確な演奏ができるヴァイオリニストを聴いたことがない」と言わしめたそうです。また、ヴァイオリンという楽器の可能性を押し広げたという面においても後世のヴァイオリニストへ与えた影響は計り知れません。ヴァイオリン作品を中心として作曲も行っており、6人の名ヴァイオリニストに捧げた《6つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ》がつとに有名です。イザイはロシアにも演奏旅行をしていますので、この写真はその時に撮られたものかもしれません。

84×134mm 厚紙プリント。ロシア製。暗部わずかな銀浮き。

¥ 20,000

ブロニスワフ・フーベルマン(1882-1947)は、ポーランド出身のユダヤ系大ヴィルトゥオーソ。ヨアヒムに師事をしますが、そのスタイルは唯一無二のもので、ハイフェッツをも凌ぐヴィルトゥオーソとも評されています。シオニズム運動にも関わり、イスラエル・フィルハーモニー(設立時はパレスチナ管弦楽団)を設立したことでも知られています。

84×134mm 厚紙プリント。ベルリンVerlag HansDursthoff製。暗部銀浮きが目立つ他、外周部多少の傷み等。

¥ 10,000

ヤッシャ・ハイフェッツ(1901-1987)は、史上最高のヴィルトゥオーソとも評されています。その真偽はともかくとしても、残された録音を聴く限り、録音史上最高の1人ということは間違いのないところでしょう。フーベルマンもハイフェッツの演奏を聴いて唸ったといいます(彼も引けをとっているようには聴こえませんが)。ハイフェッツは9歳の時、その演奏を聴いて驚嘆したアウアーの弟子となりますが、この写真はその頃撮られたものではないでしょうか。

88×138mm 厚紙プリント。ロシア製。上部に2ヵ所画鋲跡、下部小ヤブレ、周辺部多少の傷み。暗部多少銀浮きがあります。

¥ 20,000

【ロシア・ビンテージ・フォト】ボロディン、リムスキー=コルサコフ

「ロシア五人組」の2人の作曲家。

アレクサンドル・ボロディン:95×144mm。光沢紙プリント。リプリント、もしくは複写と思われます。

¥ 6,000

ニコライ・リムスキー=コルサコフ:86×132mm。厚紙プリント。周辺若干の銀浮き。

¥ 15,000

【写真】ネイガウス、ネジダノワ、ザヴァツキー、リヒテル

珍しい取り合わせの4人の写真。

ネジダノワは前掲の通りで、ネイガウスリヒテルもご存知の師弟。ユーリ・ザヴァツキーはスタニスラフスキーの弟子にあたり、1940年から77年までモソヴィエト劇場の芸術監督を務めた、ソ連時代を代表する演劇人の一人(個人的にはリュビモフのタガンカ劇場に惹かれますが…)。

144×94mm コート紙。1950年撮影。プリントは70年代と思われます。

¥ 3,000

【写真】ショスタコーヴィチ 他

70年代と比較的新しい時期にプリントされたショスタコーヴィチ関連の写真になります。

楽譜に向かうショスタコーヴィチ。1945-47年頃の撮影。

キリル・コンドラシン、マキシム・ショスタコーヴィチと。1964年撮影。

プロコフィエフ、ハチャトゥリアンをはじめ、作曲家のお歴々との集合写真。撮影時期が記載されていませんが、1930年代でしょうか。前列左より、ハチャトゥリアン、ガジベコフ、ショスタコーヴィチ、グリエール、プロコフィエフ、後列左よりシャポーリン、カバレフスキー、ジェルジンスキー、コヴァリ、ムラデリ。

いずれも144×90mm 半光沢紙プリント(上2点)と光沢紙プリント。

各 ¥ 3,000